珪藻土など自然素材にこだわった無添加の新築一戸建て住宅。地元倉敷を中心に岡山市・都窪郡早島など岡山県南部にお伺いいたします。

岡山工業高校/建築科2年/社会人講話の特設Q&Aへは、コラムよりお進みください

お問い合わせ


施工事例

works

施工レポート

【完成しました】倉敷市 新築工事 K様邸

   2018.9.30  新築完成までの道のり


k様邸は30代の若い夫婦がかわいいお子様と住む

設計自由な注文住宅です


安心していただきたいのは、フリー設計ではありますが

女性ママさん一級設計士と、わいわいあれやこれやと会話を

しっかりしていただきます

耐震設計、トータル施工は耐震診断員の岡﨑が責任をもって施工します

お客様が見て納得していただけるよう

資料を用意し、ショールームも同行しております


大切な家族のおすまい

アフターフォローもばっちりです

口コミ100パーセントの実績をもつ岡崎工務店へ

是非、ご相談下さいませ

   2018.9.20  完成 フォトギャラリー6

         

明るいと気分が向上します

光が差し込んで

季節も感じられて

自分の家なんだなと実感します



天井が高いといいですね

解放感があります

窮屈でないのは

子育てにも環境が良いかなと思います


   2018.9.15 完成 フォトギャラリー5

         

外壁なのにおしゃれでしょう?

もちろん品質も保証できます

光の加減や天気によって表情を変えるんですよ

住まいの年月と一緒に育つ家


岡崎工務店はお客様とともに育っていきます  

   2018.9.10 完成 フォトギャラリー4

         

   自然の中に黒く凛とたたずむk様邸


   木々が揺れて、空も雲が流されて


   同じ景色は二度となく


   これからの幸せな時間をつむぐには


   素晴らしい環境だと思います  

   2018.9.3 完成間近 フォトギャラリー3

         

      目にも優しい


      体にやさしい

      気持ちが穏やかになる

      そんな幸せな空間


      おとなにもやさしい

      子供にとっても     

      さて家族で何をしようか?  

   2018.9.1 完成間近 フォトギャラリー2

        


     天窓から空を見る


    青空ともくもく雲

    同じ景色はなくって

    流れる雲をしばし見ていた

    新築の撮影に来たということを忘れてしまうくらい

    魅力的な天窓

   2018.9.1 完成間近  フォトギャラリー1

         

        30代夫婦がたてる

        思いの詰まったご機嫌なマイホーム



        写真ギャラリー

        どんどんアップしていきます


        2018.9/1



2018 4.18  建前無事終了

お天気は最大の味方

8名の大工による 連係プレーは見ものです

快晴の中、8名の大工が建前に臨みました


若いご夫婦はもちろんのことですが

ご家族の方のあたたかい見守りあってのこと

無事に建前を終えてほっとしています

お客様のご希望に沿えるよう

これからも日々精進していきます


2018 4.1  基礎敷完成

                 

                 


2018 3.17  基礎完成

基礎工事 終了

N値計算によるホールダウン金物も、打ち込み済み

2018 2.15 鉄筋チェック

鉄筋検査格しましたので、先行配管したので鉄筋チェックのため現場へ

          鉄筋ジョイントチェック

     画像では見辛いですが、配管を入れるために、

     鉄筋を切断しています

    その上の補強用の鉄筋のジョイントの重なりが

    ありませんでした

     重ね継手の長さの指定が40Dとして、

        13*40=520ミリ

    1.1メーター以上の異形鉄筋D13を

       重ねるよう指示出しました

  これで安心です( 画像ではわかりにくいかもしれません )

    ここでポイントです

    家づくりのポイントは “ 現場管理能力 ” 

    のある工務店に頼みましょう! 

    水道屋さんは、基礎工事の事は知りません

    逆もしかりです


   いくら先日、 “ 住宅瑕疵担保履行法 ” による

   鉄筋検査に合格をしたからと言って安心することなく

   絶えず現場のチェックを怠りません

   職人さんに適切な指示出しをすることが

   大切なポイントなのです。

    現場を熟知している監督が

    絶えず現場をチェックること

    これが、良い家を作る為の必須な事です

2018 2.9  ベースコンクリート打設

基礎工事立上り全景

ベースコンクリートを打ちました

墨出しをして立ち上がりの枠を組んだところです

立上り枠

立ち上がりのコンクリートわくを組み立てたら

何カ所か かぶり厚さが取れない個所も出てきます

このように枠と鉄筋の間が

基準通りになっているかを

全ての個所を見て回り

かぶり厚さ が

少ない場合

新たに鉄筋を

組み直すよう                指示を出します


私自ら現場に赴きチェックすることで

品質の更なる向上が図れるのです

2018 2.5 鉄筋検査 合格

              指名して来ていただきました

            知識が豊かなことはもちろんのこと

           最新情報が豊富で、検査が厳しい方です



        かなりの時間をかけてチェックされていました

       検査の終わりに、建設業界の情報交換をしました

     近々先行配管( スラブコンクリート打設前 )を

                             する予定です